2007年06月05日

パリ

paris1.jpg

タイトルヘッダーに使っている写真。
たしかソルボンヌあたりだったと思う。
黄色い花はミモザか、ミモザってこんな大きい樹ではなかったような気がするが。

 

posted by gokrak at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス(2004/07)

2007年11月20日

モナコ

monacos.jpg

モナコの港

モナコというのは国であるが、ほとんどフランスの一部のような感じである。鉄道駅がモンテカルロひとつしかなく、駅を降りて長い地下道を抜けるとすぐ海のそばに出る。

高級クルーザーばかり停泊していて、いったいどんな人々が住んでいるのであろうか。格差社会の極限を感じる。

 

posted by gokrak at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス(2004/07)

2008年07月28日

ルルドの泉

rurudo.jpg

ルルドの泉

スペイン国境にちかいルルド。150年ほど前、この町の少女ベルナデッタの前に聖母マリアが現れ、泉を掘れと告げた。その泉の水は奇跡を起こし数多くの病人が治ったという。泉の前には世界中?から来た人が列を作っている。

 

posted by gokrak at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス(2004/07)

ルルドの水

rurudo2.jpg

ルルドの水

奇跡を起こすという「ルルドの泉」の水を引いてある水道。
下の小瓶は水を詰めるためのもの。
水に力があるというより、ここに住んでいたベルナデッタという人に霊感があったことが奇跡の理由のような気もする。
霊力があるかどうかは別にして、冷たくておいしい。

 

posted by gokrak at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス(2004/07)

2008年07月29日

ルルド市街

rurudo3.jpg

奇跡の泉があることで有名?なルルド。ピレネー山脈の向こうはスペイン。都会と比べるとまったりとした時間が流れる。

 

posted by gokrak at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス(2004/07)

2008年08月25日

リヨンの路面電車

liyon001.jpg

リヨンにはこんなデザイン有りか、というような電車が走っています。こ、これは「白イルカ?」そのものではないか!最近では、路面電車の良さが再度、見直されているようです。それにしてもフランスの電車は開けるときはドアを手動(レバー)で開けないといけないものが多く、めんくらいました。そういえば、日本でも北のほうの列車は寒さのためか、冬の間は手動で開けるところがありますね。

 

posted by gokrak at 23:38 | Comment(0) | フランス(2004/07)

クロックマクド

croque.jpg

フランス限定「クロックマクド」カフェの軽食の定番にクロックムッシュー(単なるハムチーズトースト・・・)というのがあるのですが、それのマクド版です。おもしろいのはマックではなくマクドというのが日本の関西風です。フランス語は最後の子音は発音しないとかで、語尾が関西風なのでしょうか。

 

posted by gokrak at 23:43 | Comment(0) | フランス(2004/07)

2008年08月26日

星のおじ様

petitprince.jpg

リヨンの町にあるこの像はサンテグジュペリの像です。背後霊のように居るのが「星の王子様」

彼はリヨンの生まれだったのですね。彼は貧乏人ではなかった?ようで、豊かな感性は豊かな生活からしか生まれないのかもしれません。だったら貧乏人は一生救われないのか!という事になります。ルルドの泉を発見したベルナデッタは極貧で病身で三十何歳で死んでしまった人ですが、それでも幸福だったかもしれません。

すべての人間はそのままで救われているのだろうけれど、それを実感するすべを持ち合わせてはいません。ほとんどの人は何も見つけられず、一生を終えてしまいます。それでいいのだ、と言ってしまえばその通りですが、意識して形を作らないと現実の形からしか、人間は幸福を感じられません。だから心より外見が大事なんや。という事を「星の王子様」は教えてくれます。

 

posted by gokrak at 00:05 | Comment(0) | フランス(2004/07)